アプローチカードのやりとりが始まってから目当ての女性からもらえますようにと祈るのは、完全に手遅れです。なぜかと言うと、

勝負はアプローチカードを書く前にすでに決まっているからです。

正直な話「準備が9割」というのは全然言いすぎじゃなくて、本当にそうなのです。

会場では、ヒゲが伸びていたり、シャツがヨレヨレだったりする男性参加者をたびたび見かけました。

僕は同じ男性参加者の立場ですから、ライバルが勝手に落ちていくのを「ありがとうございます」と喜んでいます。

そんなことすら分かってない人が、こんなにも多いのかと驚くばかりです。

プラス要素を積むよりマイナス要素を減らすほうが早いし楽

【婚活パーティーに備える】カテゴリの記事にザッと目を通してもらうと分かるのですが、そういう「マイナス要素を減らす」だけでも一苦労です。

しかもそれらをクリアして初めて「スタートラインに立った」に過ぎず、そこからいくつプラス要素を積んでいけるかという勝負なんです。

ちょっと考えてみてください。

個人の良さを表に出したプラス要素を増やしていくのに比べれば、マイナス要素を消していくのってずいぶん簡単じゃないですか?

また、女性は男性の価値をマイナス評価にて行うという心理研究もあり(ちなみに同研究では男性はプラス評価で女性を見るらしい)、そういう面からも、まずはマイナス評価を消していきましょう。