「婚活パーティー」の他に、カップリングパーティー、お見合いパーティー、マッチングパーティー、ねるとんパーティー(古い…)など様々な呼び名があります。

婚活パーティーとは何か?

呼び名は違っても目的は全て同じで、結婚をある程度前提とした男女のお付き合いの、きっかけの場を提供してくれるというものです。

僕が今まで婚活パーティーに参加した中で、「婚活パーティーってこういうものです」というのをお伝えしますね。それがどのようなものなのかを知らなければ、どうやれば勝者になれるのか分かるはずもありませんから。

皆さんの中には、婚活パーティーというと、モテない・ダサい・自分では相手を見つけられない、そういう人達が逃げこむ場所だと思う人がいるかもしれません。でもそれは完全に間違っています。

なぜなら僕が参加した過去40回ほどの婚活パーティには、普通にイケメンやかわいい女の子がたくさんいたからです(もちろんモテなそうな人もそれ以上にたくさんいましたが…汗)。

誰でもモテる魔法のパーティーではありません

婚活パーティーが提供するのはあくまで出会いの場に過ぎません。別にモテないわけではないが仕事が忙しいとか、女性と出会うチャンスが日常に無いとか、そういう人がやっぱりカップルになります。

だから普段から身だしなみが汚いとか、言葉遣いが荒いとか、そういう人は日常でもモテないと思うのですが、そういう人たちが婚活パーティーに行ってもやっぱりモテません。

むしろ、あなたは誰にモテました、モテませんでしたというのを毎回突き付けられるため、とてもシビアでヘコむことも多いです。

進行がかなり特殊な場です

パーティーと言っても、みんなで楽しく盛り上がりましょうというものではありません。誰だ最初にパーティーって名付けたのは。

男性同士ではまず会話がありませんし、どちらかと言うと殺伐とした雰囲気ですらあります。基本的に同性同士は敵ですから、まぁ当然ですよね…。

そういう、相手を蹴落としてでも自分が勝者にならなくてはいけない場ですから、誰もアドバイスなどしてくれません。分からないことがあってもパーティーが始まってしまえばスタッフに質問もできません(進行が止まってしまうため)。

最初のうちは分からないことだらけで不安です。周りを見ながらちょっとずつ要領を覚えていきます。

僕らに与えられた時間はとても短いので、パーティーがどのように進んでいくのかを知ってる人は、知らない人に対して圧倒的な有利があるのです。

初めての人はこのブログを見て予備知識としてもらえればよいですし、参加してみたけどうまく行かなかったという人は「なるほどそういうことだったのか」と思ってもらえればよいでしょう。